読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

pomeyama days

はてなブログを知るためにテスト稼動中。リアルに仕入れたネタを中心に書きます。

スポンサーリンク

「スマスマ見たんだけど、SMAP解散について正直よくわからない」という人へのまとめ

こんばんは。

いつもあなたのお側に、ぽめ山です。

 

芸能界の闇は深い…。

ただただ、これを思うばかりのSMAP騒動ですね。

 

pamS(裏スマ)

pamS(裏スマ)

 

「ぶっちゃけ、スマスマ見たんだけど解散するの? しないの?」

「正直よくわからなかった」

「え、これで終わり?」

そんな声が聞こえてくるような気がします。

 

放送中の謝罪コメントを下記のサイトがまとめていたのでご参照ください。

SMAPがスマスマ生放送で謝罪、木村拓哉「何があっても前を見て進みたい」。 | Narinari.com

 

きょうは2016年1月18日です。先週から我々SMAPのことで世間をお騒がせしました。そしてたくさんの方々に、たくさんのご心配とご迷惑をおかけしました。
このままの状態だとSMAPが空中分解になりかねない状態だと思いましたので、きょうは自分達5人がしっかり顔を揃えて、皆さんに報告することが何よりも大切だと思いましたので、このような時間をいただきました。

 

このたびは僕たちのことでお騒がせしてしまったこと、申し訳なく思っています。これからの自分たちの姿を見ていただき、そして、応援していただけるように精一杯頑張っていきますので、これからもよろしくおねがいいたします。

 

本当にたくさんの方々に心配をかけてしまい、不安にさせてしまい、本当に申し訳ございませんでした。皆さまと一緒にまた今日からいっぱい笑顔を作っていきたいと思っています。よろしくお願いします。

 

今回の件でSMAPがどれだけ皆さんに支えていただいているのかということを、改めて強く感じました。本当に申し訳ありませんでした。これからもよろしくお願いいたします。 

 

皆さんの言葉で気付いたこともたくさんありました。本当に感謝しています。今回、ジャニーさんに謝る機会を木村くんが作ってくれて、いま僕らはここに立てています。5人でここに立てたことを安心しています。

  • SMAP独立・解散騒動の流れ

1月13日 ニッカンとスポニチが「SMAP解散」報道
1月13日 ジャニーズ事務所が独立問題について交渉を認めるコメント
1月13日 署名サイト「Change.org」でファンが存続願う署名活動開始
1月14日 有志による「世界に一つだけの花」300万枚目指す運動開始
1月15日 木村拓哉がラジオで騒動に初言及
1月17日 一部スポーツ紙「25周年5大ドームツアーが白紙に」
1月18日 スポーツ各紙「SMAP存続の見通し」
1月18日 ジャニーズ事務所が騒動謝罪
1月18日 フジ「SMAP×SMAP」にメンバー5人が生出演

 

まぁ、こちらを見て思うわけですが、

  • 木村拓哉…「お騒がせしました」「みなさんにご報告をすることが大切」
  • 稲垣吾郎…「これからもよろしくお願いします」
  • 香取慎吾…「今日からいっぱい笑顔を作っていきたい」
  • 中居正広…「これからもよろしくお願いいたします」
  • 草なぎ剛…「ジャニーさんに謝る機会を木村くんが作ってくれて、いま僕らはここに立てています」

具体的に「存続します」「解散はしません」という言葉は出していないんですよね。

だから「よくわからない」という声が多数で、メディアが「続投」と言ってるからそうなんだろう。という解釈をしている人がほとんどかと思われます。

 

まずは流れをおさらいしましょう。

「事務所を抜けて、飯島派4名が出て行く」という話があったために、事務所サイドは大激怒したわけです。

力を持っていた飯島派も、独立してしまったらジャニーズからしてみたらただの商売敵ですからね。

SMAPを選ぶか」「ジャニーズ枠案件を取るか」と言われれば、どのメディアもジャニーズ事務所を選ぶしかなくなります。

そこで、脱退宣言をした4名は慌ててジャニーズに戻ろうとしたんですが、事務所からすれば「裏切り者」なので突っぱねるしかなかったという政治的なお話ですね。

ここで唯一、事務所に残ると宣言していた木村拓哉が事務所との仲裁役を買って出て、謝罪の機会をもらうことができたわけです。

 

で、ここからはあくまで芸能界でよくある話からの「想定」です。

木村拓哉のおかげで「事務所残留」を認められたことは事実でしょう。

ただし「SMAP」としての活動内容については「保留」であると思われます。

 

活動が「保留」ということは、しばらく「制裁」は受けてもらうという事務所の意思表示だと思います。

「解散」はしないけど、新規の仕事は入れない可能性がかなり高いです。

こうやってタレントに対してマウンティングをしないと、また同じようなことが起こりえます。

他のユニットたちに対しても「見せしめ」として、しばらくの間、プレッシャーはかけるでしょう。

また「保留」にすることによって、新規案件も受けずに徐々にフェードアウトもできるので、このこと自体がプレッシャーになりえます。

 

一応、事務所の人間に戻ったので「いま現在入っている仕事」は続投。

「打ち切り」は事務所的に意味がないのでしないでしょう。

 

ただ「25周年5大ドームツアー」は白紙報道も出ています。

本当にキャンセルしてた場合「事務所がドームとどう話し合いをするのか」「ドームのスケジュールがどうなっているのか」次第でしょう。

 

話題性抜群ですから、これまで以上に売上を上げることは確か。

恐らくスケジュールがズレたとしても何としてでも敢行するとは思います。

 

それにしても見事なお手並みです。

ファンが「世界に一つだけの花」CD購買運動を起こしたことも考慮したとしている点は本当に上手い。

事務所残留までのストーリーを綺麗に描いています。

 

とりあえず、SMAPの露出はしばらく減るとは思いますが、ひとまず安心というところでしょうか。

ただ、今後のSMAPの色は事務所の影響によって変わるかもしれません。

 

こちらにも考察記事を書いています。

あわせてご覧ください。

pomeyama.hatenablog.com

とりあえず、今夜は安心してよく眠れそうです。

pomeyama daysはamazon.co.jpを宣言しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエト宣言プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。