読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

pomeyama days

はてなブログを知るためにテスト稼動中。リアルに仕入れたネタを中心に書きます。

スポンサーリンク

【危険】ライザップ式ダイエットは短期向け! やりすぎると肌や髪、見た目もボロボロになる可能性!!

おはようございます。

いつもあなたのお側に、ぽめ山です。

 

最近、また筋トレを始めました。

そこで「綺麗に痩せる」とはどういうことかちょっと考えていこうと思います。

ライザップの真実―週刊東洋経済eビジネス新書No.132

 

 

「痩せる」で思いつくのは、いま流行りのライザップです。

森永卓郎も現在こっそりやって劇的変化を見せているそうですよ。

多分、そのうちCM流れると思います。

 

でもね?

 

ライザップのトレーニングは2ヶ月という短期間だからこそできる方式です。

その内容は「たんぱく質中心の低糖質ダイエット」+「筋トレ」というメニューが実際のところ。

低糖質ダイエットでカロリー摂取を極端に抑える上に、筋力が増えて基礎代謝が上がるので見た目が急激に変わったように見えるというものです。

 

もちろん、体脂肪率もかなり減ります。

 

脂肪が減ると、その下にある筋肉が見えるようになってきますよね。

全然鍛えてなくても、脂肪がなくなるとムッキムキに見えるんです。

 

さらに鍛えているから、その見た目もさらによくなっている。

これがライザップ方式の基本図式です。効果はものすごいです。

 

ただ、これは本当に短期向けで無理をすると肌や髪のツヤが悪くなります。

プロアスリートじゃないんだから、肉体的な負担は相当なものです。

 

半年以上にわたる低糖質ダイエットを続けていた人であれば、脂肪を「ケトン体」に変化させる「ケトン体質」になっていると言われています。

ですが、いきなりはきついです。

 

筋肉を増やすために必要なたんぱく質は相当なものです。

プロテインがぶ飲みしていかないと、肌や髪への栄養が足りなくなって、見た目年齢がかなり高くなってしまいます。

 

ボディビルダーも常にこんな食生活を送っているわけでもなく、きちんと緩急をつけて大会前に絞っていくというスタンスです。

 

食事制限しながら短期間で劇的に痩せようとするのは危険です。

まずはきちんとした食生活を送りながら、筋トレするところから始めましょう。

 

せっかく痩せても、見た目が老けたなんてことになったら悲しいですからね。

pomeyama daysはamazon.co.jpを宣言しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエト宣言プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。