読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

pomeyama days

はてなブログを知るためにテスト稼動中。リアルに仕入れたネタを中心に書きます。

スポンサーリンク

Webサイト制作を超格安(10万円以下)で請け負おうかなと思ってみる。

こんにちは。

いつもあなたのお側に、ぽめ山です。

 

今日は特にネタじゃないんですけど、最近あった出来事について語ってみようかなと。

タイトルの通り、Webサイト制作をいま頼まれているんですよ。

仲のいい会社なんですけど、こういう相談だったんです。

Adobe Creative Cloud[2015年度版]12か月版 Windows/Mac対応 [オンラインコード]

 

Adobe Creative Cloud[2015年度版]12か月版 Windows/Mac対応 [オンラインコード]

 

「Web管理会社との契約が切れちゃいそうなんで、新しいホームページ作ってくれる人を探しているんだよね」

 

ああ、それなら−

と、カッコイイサイトを作っている友人のWeb制作会社を紹介しようとしたわけです。

見積もり取ってみたら、予算は80万円必要ということでした。

 

まぁ、あるある話だと思うんですけど

「Webってそんなにお金のかかるものなの?」

「適当にパッと作れるもんじゃないの?」

 

聞けば、予算はゼロ。

Web知識がある人だったら誰でも作れるもの=Webサイトという認識でした。

多分、テキストサイトのころのイメージが強いんじゃないですかね。

 

で、そこの会社の方から

「ぽめ山くん、君の力でなんとか作ってくれないかなー?」

という、よくあるパターンが来たわけです。

 

ぶっちゃけ、ぽめ山はWebなんてhtmlという概念を知っている程度のレベルです。

しかし、ビジネスパートナーの頼みとあれば断れないぽめ山なのです。

もうね。5日間不眠不休で作りました。

 

メインコンテンツ…7ページ

サブコンテンツ……10ページ

スマホデザイン構築

 

きっつい。

もう、ほんときっつい。

これで制作費ゼロなんだから、ほんときっつい。

 

で、出来たデザインをチェックしてもらったら校正依頼来ちゃったよ!

もう、きっついって言葉も出ないくらいにきっつい。

 

で、第二稿見せたら喜んでくれたの。

 

だけどね。

「ニュース更新とかできないから、それもよろしく!」

って言われちゃったのね。

 

でも、さすがに5日間+校了に加えて、サイト管理まで無償でするのはきついの。

それを伝えたら毎月の管理費もらえることになったんですよ。

 

毎月固定で入ってくる収入はちょっと魅力なので引き受けたんだけど、そういえば、Web作りたいけどお金ないって騒いでる会社って結構あったなーと思ったわけですよ。

 

なんか、管理費もらえるんだったら、制作にかかった期間の時給保証だけで困ってる人や会社のWebサイト作ってあげたいなとか思っちゃったの。

 

せっかく、Canon EOS 5D Mark2みたいなフルサイズ・一眼レフも持ってるわけだし。

コンテンツ1ページあたり10万円とか制作費かかるって聞くと、怖がっちゃうとこって多いしね。

本業からどんどん遠ざかっている気がするのは気のせい。

 

そんなわけで、まだサンプルは見せられないけど、そのうち営業回ってみようかと思います。生きていくって大変。

pomeyama daysはamazon.co.jpを宣言しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエト宣言プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。