読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

pomeyama days

はてなブログを知るためにテスト稼動中。リアルに仕入れたネタを中心に書きます。

スポンサーリンク

【裁判長もブチ切れ】号泣県議・野々村竜太郎「やり直し初公判」で説教受けた!!

こんばんは。

いつもあなたのお側に、ぽめ山です。

 

昔から「見猿・聞か猿・言わ猿」とも言います。

だけど、いい加減現実を見つめないといけないときもあります。

それでも夢から覚めようとしないしない元議員がいました。

野々村Tシャツ 耳をすませば バージョン (M, 黒)

野々村Tシャツ 耳をすませば バージョン (M, 黒)

 

もうすっかりお茶の間の人気者になったこの人「元兵庫県議・野々村竜太郎」を覚えていますか?

「日帰り出張を繰り返した」と嘘の報告書を提出して、政務活動費を約913万円も横領して詐欺罪に問われたあの人です。

 

釈明会見では「え!?」と聞こえないフリをし続けた上に大号泣!

2015年11月の初公判ではまさかの「ドタキャン」をした「号泣県議」です。

 

強制連行の「やり直し初公判」が2016年1月26日・午前に神戸地裁でおこなわれたんですが、ここでも「虚偽報告はしていない」と罪を認めない食いつきを見せました。

弁護人から質問されるたび、毎回20秒ほど押し黙っていたため、裁判長から「さっさと答えなさい!」と怒られるという「野々村劇場」を繰り広げたそうです。

 

「さっさと」という言葉は法廷であまり聞いたことがありません。

裁判長がそこまで怒るということは、相当に酷い答弁だったのでしょう。

 

この裁判が東京地裁でやっていたら、ぜひとも傍聴したかったです。

 

そうそう、野々村元議員ですが、どういう心境の変化か「スキンヘッド」になっています。

しかも弁護人によると「現在通院している。記憶障害の可能性がある」という言い訳を用意していました。

 

ここまで来ると愉快になってきます。

横領は許せませんが、この公判がどんな展開になるかは見ものです。

 

というか、野々村Tシャツ欲しいです。

pomeyama daysはamazon.co.jpを宣言しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエト宣言プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。