読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

pomeyama days

はてなブログを知るためにテスト稼動中。リアルに仕入れたネタを中心に書きます。

スポンサーリンク

SMAP存続報道に国会も「ホッ…」。安倍首相や官房長官も言及(でも、民主党は解散したほうがいいよね)

こんばんは。

いつもあなたのお側に、ぽめ山です。

 

SMAP解散騒動が世界中のニュースになったと報じられていますが、その波動は日本国内の国会にも及んでいたことがわかりました。

 

 

東京オリンピック 東京五輪 ピンバッチ ピンバッジ

東京オリンピック 東京五輪 ピンバッチ ピンバッジ

 

政治家たちが次々と…! SMAPは国にも影響を及ぼしていた!?

空中分解や解散の危機が報じられていたSMAPが事務所に残留し、活動を継続する意向を生放送で伝えたことに対して、安倍晋三首相が言及しました。

2016年1月19日におこなわれた参院予算委員会で、

「同じグループが長年続いていく上で、さまざまな課題もある。しかし、多くのファンの方々の期待に、また願いに応えて、グループが存続するのは良かった」

と、政治の世界に例えて、SMAP存続報道を歓迎していました。

 

さらに、菅義偉官房長官も言及しています。

「これからも国民から親しまれ、夢と希望を与え続けられるように、さらなる活躍を期待したい」

このほかに中谷元防衛相も、安全保障関連法の「存立危機事態」を引き合いに出してSMAPについて言及。なんとも上手い例えです。

「雨降って地固まる。雪降って絆固まる。話し合いによって氷が溶ける」「存立危機を脱したことは国民にとっても良かった」

遠藤利明五輪相は、SMAPパラリンピックでの付き合いもあるのでホッと胸をなでおろしています。

東京五輪大会で、特にパラリンピックSMAPの応援は大変ありがたかった。これからもみんなで力を合わせて活躍し、日本の皆さんに元気を与えていただきたい」

高木毅復興相は東日本大震災の被害者を思い語りました。

「誰からも愛させるグループで、子供たちにも若者にも年配の方にも幅広いファンを持っている。これまで通り活動していただければ何より」

 加藤勝信拉致問題担当相もついでに言及。

「30年近い活動をされ、さまざまなヒットを飛ばし、国民的に歌われる歌もあった。国民にとって大変うれしいニュースだったのではないか」

 

このほか、詳しい情報は下記のサイトをご覧ください。

【SMAP解散協議】安倍首相「存続してよかった」 閣僚も歓迎 (1/2ページ) - SankeiBiz(サンケイビズ)

 

民主党は解散しても、SMAPのことは解散させないでください」

一方、解散をした方がいいグループも存在します。

SMAPが存続する意向を表明したことで、民主党幹部は2016年1月17日にこんなことをポツリと漏らしました。

「地元で『SMAPは解散しないほうがいいけど、民主党は解散したほうがいい』といわれた。返す言葉がなかった」

ごもっとも(笑)

 

安倍首相が言うように、1つのグループが長年活動するというのは本当に難しいことです。メンバー同士の仲が良くても、周りからの圧力や争いに巻き込まれるということも少なくありません。

そんななか、自ら矢面に立って「ケツ持ち」をしてセンターで謝罪表明をした木村拓哉は本当にイケメンでした。

一時的にキムタクに「なぜ?」と懐疑的な視線を向けている人もいるようですが、これからの復活と活躍に期待したいですね。

pomeyama daysはamazon.co.jpを宣言しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエト宣言プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。