読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

pomeyama days

はてなブログを知るためにテスト稼動中。リアルに仕入れたネタを中心に書きます。

スポンサーリンク

【騙されるな】そのお店大丈夫? ケネディ事件でわかった! 飲食店が密かにやっているぼったくりの手口

こんばんは。

いつもあなたのお側に、ぽめ山です。

じつは六本木でバーの経営などしていたこともあります。

 

facebookを見ていたら、知り合いが興味深い記事をシェアしていました。

その記事がこれ。

 

spotlight-media.jp

 

男性2人で入ったお店は、

中目黒店|東京のステーキ、ハンバーグ | ステーキ カフェ ケネディ

http://www.steax.co.jp/wp/wp-content/uploads/2014/02/2ebdc98421cd25ac5ca8ad4459f47f6e-284x250.jpg

ぽめ山も過去に何度か利用したことがあります。

ステーキって食べると、わりと長居せずに店を出られる空気感があるので、話を早めに切り上げたいときに使えるので重宝していたんですが、そんなことも言ってられなくなってきました。

 

だって、お会計時に出てきた詳細を見てくださいよ。

ビール…2杯*480円(960円)

ウーロンハイ…30杯*380円(11,400円)

レモンサワー…28杯*380円(10,640円)

グラスワイン(赤)…1杯*480円(480円)

==============

合計:61杯(23,480円)

ここにドリンクの値引きは入っていましたが、

それでも数字がおかしいことになっています。

 

というかですね。

ここのお店、男性90分 1,500円(税抜き)の飲み放題あるんですよ。

http://www.steax.co.jp/wp/wp-content/uploads/2014/01/freedrink201512.pdf

飲むタイプの人なら、間違いなくこっち選んでると思うんですよね。

だって、3〜4杯飲めば元が取れるんだから。

 

前出の記事を読めばわかるように被害にあった方は、返金を受けたそうです。

ただ、お店の言い分できになることがありますよね。

 

「焼酎濃いめで頼むと金額5杯分だから計算は合ってる」

 

これ。じつは飲食店でよくやる手口なんです。

「濃いめ」というものに対して「ダブル」という解釈を当てはめて2杯分の金額を注文票につけるんですね。

KENNEDYの場合は、「クインティプル(5倍)」の濃度でお出ししていたという言い分なんでしょうね。

もし、これが本当ならストレートでウーロンハイ6杯とレモンサワー5杯ちょっとを飲んでいるということになります。

シングルの基本量が30mlなので、1杯=150mlをストレートで飲むということですね。

お米の計量カップ1合がだいたい180mlなのでそれよりちょっと少なめ。

だいぶワイルドな飲み方ですね。

 

6杯=900mlって、いいちこのボトル1本に相当しますよ。

 

でなければ、シングルの基本アルコール量をとんでもなく薄い設定(シングル=6ml)にしているってことになります。

 

ちょっと一回休憩して続き書きます。

続きは飲食店でやる手口を具体的に公開。

pomeyama.hatenablog.com

 

追記は上記の記事に書きました。

大手保険会社の社員パブでもぼったくり手口は存在していました。

 

pomeyama daysはamazon.co.jpを宣言しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエト宣言プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。